食卓に絵を
「食卓に絵を art on the table」 ヒヅミ峠舎/坂井千尋/池本惣一 2022.8.6(土)-8.16(火) 期間中無休 暑い夏の真っ盛り。毎日の料理を作るのも大変です。そんな時期に食事の時間が少し楽しくなるような、絵付けのある器を食卓へ。食べ進めると出てくる器の絵が、家族団欒の新しい会話のきっかけにもなりそうです。 どこか異国情緒あるモチーフや色合いで器いっぱいに緻密に描く、ヒヅミ峠舎。 白と黒の釉薬で版画のような風合いで、生き生きとした動物等を描く、坂井千尋。 砥部の伝統的な染付の青の濃淡で、ユーモラスな絵を白磁に描く、池本惣一。 それぞれの作家の個性が、器に表現されています。 ぜひお気に入りを探しに、ご来店くださいませ。 オンラインショップでの販売は会期終了の8/16(火)夕方〜8/20(日)を予定しています。発送は8/21(月)以降に予定します。 【注意事項】 ※事前の会員登録をお勧めします。 ※カートに入れた時点では確保できていませんのでお気をつけください。 ※店頭との在庫が共通しますので、受注開始時に在庫がなくなるものもございます。 ※時々質問をいただきますが、現在はクレジットカード決済の場合はゼウスというシステムを使っています。送料が自動で計算されますが、送り先が同じ場合は、まとめての精算/送付をさせていただきます。備考欄に「まとめて送付希望」と必ずご記入ください。 ※同じ作品で在庫が複数あるものに関しては、写真を掲載しているものと若干の違いがあるものが届くことがございます。ご了承ください。 ※最近インスタグラム等のSNS経由のアプリなどからご注文の場合エラーが出ることがございます。chromeなどのアプリから見ていただくとそのエラーが起こらない可能性が高いです。ご注意ください。 ※一部の商品は販売個数制限をかけさせていただきます。転売業者と思わしき方は購入をお断りすることもございます、ご了承ください。
ヂェン先生の日常着
<b>【ヂェン先生の美しい日常着展
2022年は7.16(土)〜8.2(火)、期間中木、金定休日に行います。】</b> 台湾・台北市郊外でアトリエを構えて30年以上洋服を作り続けているデザイナーのヂェン・ホェヂョン先生。
ヂェン先生の洋服は流行に左右されず、年代や性別を問わず、着る方の個性が滲み出るような佇まいを持っています。一日数量限定で手作業で染めており、そのグラデーションのような色の豊富さも特徴です。素材も綿麻で涼しく、これからの季節にぴったり。一度着ると手放せなくなる着心地です、ぜひご覧くださいませ。 <b>※※※店頭と在庫が重複しますので、ご注文の際にご用意できない場合はキャンセルとさせて頂きます。※※※</b> <b>※※※オンラインショップ販売期間は8/3 までの予定です。銀行振込の方は8/3までにお願いいたします。※※※</b> 【お洋服について】 
昔ながらの手工業で作っています。一般的な日本の製品より糸ほつれなどが見られますが、不良品ではございません。ほつれ部分は切ってください。また、手染めのため色むらがある場合もございます、ご了承ください。
 【お洗濯について】
手染めをしているため、摩擦による移染や洗濯による色落ちの可能性がございます。中性洗剤で、白いものや色の薄いものと一緒に洗わないようにしてください。また直射日光を当てると褪色しやすくなるので、お洗濯は日陰干しでお願いいたします。お洗濯を繰り返すことで、徐々に色がワントーン落ちていきます。変化していく風合いをお楽しみください。
 【送料について】
Tシャツなどの薄手のものは、ネコポス (350円+税)でお送りできます。
ネコポスをお選びいただいた方で、商品が入らない場合は違う配送方法に変更させていただく可能性が
ございますので、ご了承くださいませ。

新入荷

nagaya

8月のお知らせです。 新型コロナウイルス感染症が再度感染拡大期になってきましたが、営業は気をつけつつ通常オープン致します。引き続きご来店の際には、マスク着用&手指消毒のご協力をお願いいたします。 8月の展示会のお知らせで […]

7月のお知らせです。 現在行っている「宮脇慎太郎写真展 UWAKAI」は7月8日までです。 宮脇慎太郎写真展「UWAKAI」 6/27(日)-7/6(水) 「2015年の春から2021年の夏までの約6年間、四国の南西部を […]

新学期などでバタバタして、しばらくお知らせをこちらで更新できていませんでした。 6月のお知らせです。 現在行っている「初夏のガラス展」は6月5日までです。 オンラインでの販売は6月5日から6月9日までの予定です。 また、 […]

SUI のオーダー会は3月2日(水曜日)までです。 3月12日(土曜日)から22日(火曜日)まで、2年弱ぶりのTEJIKAのバッグのオーダー会を行います。 「TEJIKA」とは手近のこと。手近に置いておきたくなるようなも […]

toritohitsuji010

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]

toritohitsuji004

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]

toritohitsuji006

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]

toritohitsuji005

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]

toritohitsuji003

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]

toritohitsuji002

「nagaya.」は築50年ほどのトタンの長屋を改装してお店にしていますが、 裏に同じような二階建てのトタン長屋がありまして、そこで革のバッグや小物を作る工房を 構えているのが「トリトヒツジ」の鳥居たか子さん。(2022 […]