森山至 刷毛目取り皿
itaru001

薄い緑と白の刷毛目が特徴的な刷毛目の取り皿。 ぺたっとしていてケーキ等も置きやすく、少し立ち上がったリムがついているので、ちょっと汁気のあるおかずも盛りつけしやすいです。 【サイズ】 直径175㎜ 高さ25㎜ ※手づくり […]

宮内太志 変わり八角 大
miyauchi120

八角形をくずしたような、ダイヤモンドのような、変わった形の平皿です。 平らなので置きやすく、意外とたくさん盛りつけができます。 ワンプレートごはんにも使えるサイズです。 磁器なので、見かけより持つとすっと軽やかで、電子レ […]

宮内太志 変わり八角 小
miyauchi119

八角形をくずしたような、ダイヤモンドのような、変わった形の平皿です。 平らなので置きやすく、意外とたくさん盛りつけができます。 磁器なので、見かけより持つとすっと軽やかで、電子レンジもお使い頂けます。 【サイズ】 150 […]

かっぱまわり なべつかみ
kappa005

鍋つかみ。お鍋やポットのマットとしてもお使い頂けます。 オモテは布のパッチワーク、裏は一枚布のデザインです。 収納時にひっかけれるようにループもついています。 全て布の組み合わせが違う一点ものなので、写真の色からお選び下 […]

小野象平 高台皿
ono011

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 平鉢 小
ono009

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 平鉢 大
ono008

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 湯のみ
ono007

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 取り皿 青
ono006

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 取り皿
ono005

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 飯碗 大
ono004

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 飯碗 小
ono003

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

小野象平 どんぶり鉢
ono002

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

2月のスケジュールについて

なかなか更新が少ないウェブショップで申し訳なく思っております。 2月は下記スケジュールにて、商品をアップしていく予定です。 アップ直後にinstagramでお知らせしますので、ご興味ある方はフォローお願い致します! ht […]

小野象平 大皿
ono001

小野象平さんは自ら山で土を堀り、杉や松の枝で薪窯を焚き、作陶しています。 茶道具に近いような、釉薬の流れが残っていたり、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通った […]

小野象平 小鉢
ono010

小野象平さんは自ら山で土を堀り、薪窯を焚き、作陶しています。 釉薬の流れが残っていたり、茶道具に近いような、1点1点が異なる表情が特長です。 同じ土で同じ釉薬ですが、窯の火の当たり方の違いで、 深い透き通ったような群青色 […]

結城彩 リム小皿
yuki003

グラデーションのある紫が印象的なリム皿です。 リム部分も平らなので、盛りつけがしやすいです。 一枚あるだけで食卓の雰囲気が変わります。 釉薬の具合が一点ずつ異なりますので、紫の濃淡がところどころ違います。 全く一緒のもの […]

結城彩 リム中皿
yuki002

グラデーションのある紫が印象的なリム皿です。 リム部分も平らなので、盛りつけがしやすいです。 一枚あるだけで食卓の雰囲気が変わります。 釉薬の具合が一点ずつ異なりますので、紫の濃淡がところどころ違います。 全く一緒のもの […]

結城彩 リム大皿
yuki001

グラデーションのある紫が印象的なリム皿です。 リム部分も平らなので、ワンプレートごはんやスイーツの盛りつけがしやすいです。 一枚あるだけで食卓の雰囲気が変わります。 釉薬の具合が一点ずつ異なりますので、紫の濃淡がところど […]

土佐龍 四万十ひのき&桜のティーマット
tosaryuu002

高知県の木材を使って商品を作る「土佐龍」のティーマットです。四万十町でとれた桧(ひのき)を本体に使い、持ち手には色の濃い桜を使っておりアクセントになっています。 木目が使い込むほどに深みが増し、徐々に趣のある風合いになっ […]