nagaya.の日常06『場所があるっていい』

フリーのブライダルプランナーのbeaucoup de bohneurさんのブライダルフェアが始まってから、いつもよりnagaya.に若いカップルのお客様が多くなった、特に喫茶に。nagaya.の喫茶は決して華やかではないので、女性お一人のお客様か年配のご夫婦のお客様が多く静かでのんびりしている。そこに、若いお客様がいると存在感があり、なんとなく店の雰囲気も弾む。裏の二階建てで過去のブライダルプランの写真展示があるので、ご案内を出来ればと「ブライダルのご予定ですか?」と話しかけると、恥ずかしそうに二人が微笑んだり慌てたり「たまたまやってたんです!」と答えてくれたりしているのを見て、お見合いおばちゃんのお節介のような、、、なんだか癖になりそうである。



この話を3月まで臨時ヘルプに入ってくれているスタッフさんに話すと、ぽつりと「場所があるっていいですね」とつぶやいた。確かに、場所があることでうまれるキッカケの多彩なこと!今回に関しては、巷でよく言われている”ゼクシーをそっと机に”とか”結婚式場見に行こうよ!と言う”なんて、かなり勇気のいる手段を使わなくても、nagaya.でやってるブライダルフェアをちらりと覗いてみることで、お互いの結婚への意識をなんとなく探ることが出来る、、、、かもしれないのである!お客様がそんなきっかけができればお店冥利に尽きるけれど、お店をやってる自分自身としても、場所があって良かった!と、救われていることが多い。



それも、自分が子育て中の身になってから、特にそう思う。以前なら、興味がある場所やものごとがあれば車でブンッと、飛行機や夜行バスでブーンとすぐ出かけた。しかし、子供がいると、なかなかそうはいかない。やっとなんとか調整して取り付けた約束も、朝子供の熱があれば一瞬でキャンセルだ。でも、店で自分が普段通りにいると、色んな人がふらりとやって来てくれる。以前は奈良から来た陶芸家さんとたまたま話して企画展に参加頂いたり、今度は裏のトリトヒツジさんと仲の良い古道具屋のCoConTiさんとの古道具展が決まったりだとか、お店で話して、じゃあ是非一緒にしましょう!と盛り上がる。どうしても気になるものは、こちらからお店で関われることがあれば連絡して、向こうからやって来てくれることもある。
宣伝!SAGYOの野良着さんや、TEJIKAさんも4月5月に販売会・受注会が決まっています!



と、そんなnagaya.でアルバイトスタッフさんを募集しております。フリーのブライダルプランナーのbeaucoup de bohneurの瀬部ちゃんも実はnagaya.のスタッフさんです。そこから、1号棟に事務所を構えることになったので、これもやっぱり場所のマジックなのか。募集しているスタッフさんは雑貨販売・喫茶の補助なのですが、これから何かやってみたいなあ、場所を構えてみたいなあという方もぜひに。
詳細はこちら!http://nagayaproject.com/?p=2730

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です