menu open
ページの先頭へ

ナガヤプロジェクト

nagaya.の日常04『動き出すきっかけ』

nagaya.の日常02にて、ナガヤプロジェクトに色んな小商いやらをしている方が集まっているというはなしを書いたけれど、その続き的なお話。ナガヤプロジェクトメンバーはすんごい仲がいいとかいうわけでもなくて、つかず離れず面白い距離感で成り立っている。「新年会をしようよ!」とおとなり3のさっちゃんが言ってたので、さてスケジュールを聞くと「夜は子供の寝かしつけが、、、」「その日は県外にいて、、」とうまく予定が合わせられない。結局、今日の午前中に保育園や学校に子供が行っている間に7名が集まった。(0歳の子も1名参加!)2人のお母さんは子供の熱で欠席。子供がいると、急なスケジュール変更もみんな慣れっこである。



それぞれがおやつやらパンやら持ち寄ったけれど、新年会というよりがっつりとした打合せになった。それもモリグチャウダーの森口さんが「チョコレートのシュトーレン作ってて、バレンタインにいいかと。せっかくならギフトとして他の雑貨やら花やら古本やらと組み合わせたらいいんじゃないか〜」とメッセージを貰ったことから、ギフトをみんなで考えてみよう!ということに。nagaya.でも内祝いや新築祝いのギフトはよくお客様に相談されるし、そんなに食品がないなかでお中元やお歳暮も詰め合わせしたりするので、分かりやすく提案しないとなあと思っていた。また、nagaya.にスタッフで入ってくれている瀬部ちゃんはフリーのブライダルプランナーさんで、この2月に1号棟の2階を簡単な事務所にしてオープンする予定で、ブライダルフェアをしたいねえと話していたのだ。昨夏の二人目の出産前に、ブライダルギフト提案のパンフを作る!と写真も撮影済みだったのが、なんだかんだで進んでいなかったのだけれど、やっとやっとかたちにできそうだ。ブライダルのギフトの話だけでも、2号棟のトリトヒツジさんは以前結婚するご夫婦がお揃いのお財布をオーダーに来てくれたそうでそんな提案がきるかも?とか、第一土曜のおやつ販売のhowattoさんは引き菓子のクッキーとかを提案できるかも?とか、4号棟のビルトンフラワーデザインさんもドライのブーケやプチギフトにつける小さなブーケとかもできるかも?とか、どんどんと素敵なブライダルの雰囲気が広がって、やる気と動き出す気持ちがムクムクと湧いて来たのだ。
bridal_mini
そのとき撮っていた写真。



そんなこんなで、ブライダルやらバレンタインやら、母の日やらクリスマスやらの年間のギフト提案をナガヤプロジェクト全体でやるというのがあっという間に決まった。母の日とクリスマスは、ウェブサイトでわかりやすくギフト一覧を掲載もする予定だ。することが決まれば、あとは地道な作業を日にちを逆算してコツコツしていける。一人でお店をしていると、あれしようこれしようと思ったままで進んでいないことが多いけれど、周りに強力な小商い仲間がいたことで動き出した。なんて、ありがたいのだろう。



年始に作家さんとメールのやり取りをしていた時に「一人で抱え込まずに、誰かに助けてもらえるところは思い切って頼ってみるのも新たな発見があって楽しいですよ!」とアドバイスをもらった。子育ては祖父母や保育園の先生や、なるべく沢山の大人が関わってもらえるようにしていたけれど、仕事はなんだかんだで一人で抱え込んでいたような気がする。今年はせっかくなので、周りの面白い小商い仲間に頼ってみるのも面白いのだろうな。

2018/01/22