佐々木翔子 型板ガラス 角皿 中

型板ガラスをを使った角皿です。
型板ガラスは名前の通り、ガラスが柔らかいうちに表面に模様のある
「型」を押し当てることでパターンを付けています。
昭和の住宅でよく使用されていたので、どこか懐かしい雰囲気です。

ガラスの模様の配置はどれも1点ずつ違うものになります。
こちらで選んで送らせて頂きますのでご了承ください。

和菓子やケーキなどの菓子類、
冷奴や冷たいおかず、サラダ類など夏の食卓にぴったりなサイズです。
食器洗い機や電子レンジはお使いいただけません。スポンジで洗ってくださいませ。

【商品サイズ(mm)】
縦135 横135 高さ15
 
※手づくりの商品ですので、個体差があります。ご了承下さい。




【作家について】
佐々木翔子
新潟県出身。武蔵野美術大学大学院造形研究科工芸工業デザインコースガラス専攻卒業。
色ガラスを切ったり重ねたり組み合わせたものを窯で焼きとかす
フュージングという技法を使っており、デザインや色の組み合わせは全て一点物です。

佐々木翔子の全てのアイテムはこちら

shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
shoko318
  • お勧め商品
商品番号:shoko318

佐々木翔子 型板ガラス 角皿 中

在庫状態:在庫有り
¥3,300 ¥3,300(税込)
数量